1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/11/28(月) 13:41:13.493ID:f77hpVnpa
クーペMTFRは譲れない

【スポーツカー乗りたいんだけどフェアレディZ33,34、スカイライン35,36だとどれがいい?】の続きを読む



1 名無しさん必死だな :2022/11/30(水) 10:06:35.52ID:ak4lGlo40
交通ルールに反した運転すると怪我やトラブルや故障が起きるし
常に集中しないといけないから神経すり減るしと不便極まりない代物
一応運転免許持っているけど、これが理由で車の運転やめている

【車って便利な乗り物?!】の続きを読む



【横断歩道手前で追い越し乗用車vs幅寄せトラックwww】の続きを読む



1 フォボス(茸) [BG] :2022/12/02(金) 12:51:35.79ID:AZzbIFbW0●

Tesla「Model S」を改造して走行中に発電機で充電――充電設備を使うことなく7日間で2500km以上を走行

YouTubeチャンネルWarped Perceptionが、Teslaの電気自動車(EV)「Model S」を改造し、発電機を積んで充電しながらのべ約2570kmを走行して旅行する動画を公開した。

EVの充電に時間がかかることに不満を持っていたため、運転中や停車中も充電できるように、Model Sの後部部分を改造してガソリン式発電機を積み込み、充電しながら走行することを試みた。

組み立てに時間を要したため、確認の時間を十分に取ることができないまま出発。発電機が出す音があまりにもけたたましかったので、車内で騒音レベルチェックをすると意外にも70dB程度という結果だった。

走行開始後、最初に発覚したのは燃料の過剰消費だ。その原因だったスポイラーを取り外すが、一定の走行速度以上になるとガソリンが吹き出して漏れ出てしまうという不具合が発生した。

また、発電機からの充電効率が悪く、バッテリーの消耗速度が充電速度よりも速いことが分かると、通常より遅い速度で走行していたが、パトカーに止められてしまうこともあった。警察官に事情を説明し、今後は通常の速度で走行してバッテリー残量が少なくなったら車を止め、しばらく充電してからまた走らせるという方法を取ると話すシーンも記録されている。

宿泊時は一晩中発電機を動かして充電していたが、発電機が出す騒音が迷惑にならないよう、宿泊施設から離れた場所に駐車するように配慮した。また、途中のガソリンスタンドで給油しながら移動を続けるも、目的地に到着するまでにバッテリー残量が10%を切ることがしばしば発生し、綱渡りの走行が続いていった。

なんとか立ち往生することなく、7日間の走行を終えて帰宅したが、走行中に十分な電力を発電できず、途中で停車して充電しなければならなかったことに不満が残った様子で、より改良を加えて再び検証するつもりだと動画を締めくくっている。

https://engineer.fabcross.jp/archeive/221202_cordless-tesla.html


(出典 Youtube)


【【朗報】改造したテスラのモデルSでEV給電スタンドを使わず7日間2500km以上の走行に成功!】の続きを読む



1 風吹けば名無し :2022/12/02(金) 19:38:07.02ID:Y+f4nIRp0

(出典 video.twimg.com)

【【衝撃】オッサン「クソみたいな運転しやがって!車停めてボコったろ!」→結果】の続きを読む



1 かに星雲(東京都) [ニダ] :2022/12/02(金) 21:57:17.89ID:3wwQ+EvS0●

トヨタ「GRカローラ RZ」と「GRカローラ RZ“MORIZO Edition”」の抽選申し込みの受付が開始された。

(出典 i.imgur.com)

当初、一般販売が予定されていた「GRカローラ RZ」(消費税込み本体価格 525万円)は、限定500台での販売に変更された。
抽選受付は、2022年12月2日~19日の期間で、Web申込みにより行われる。
当選すれば、2023年1月13日に連絡があり、順次商談が開始される予定。

「GRカローラ モリゾウエディション」(同 715万円)は、限定台数70台となる。
こちらはGR Garageでの店頭申込が必要で、期間は2022年12月2日~18日となっており、受付方法が異なる。

両モデルいずれも、2023年春からの順次配車が予定されている。

「GRカローラ RZ」商談申込抽選受付のフォームには、「今回ご応募いただいた理由を教えて下さい」「モータースポーツに関心はありますか」「サーキット走行経験の有無」といった項目も含まれている。
回答の仕方次第では、当選結果へ影響する可能性もありそうだ。
(つづきあり)
https://car-research.jp/corolla/gr-2.html

【【悲報】GRカローラ限定販売に変更www】の続きを読む



1 ムヒタ ★ :2022/12/03(土) 06:08:21.21ID:bUC8T6ia
アメリカの電気自動車メーカー、テスラは1回の充電でおよそ800キロ走行できるEVトラックの納車を始めたと発表しました。

テスラは1日、アメリカ西部ネバダ州で発表会を開いてEVトラックの「セミ」をお披露目し、納車を始めたことを明らかにしました。

納入先はアメリカの大手飲料メーカーペプシコだということです。

テスラはこれまでセダンやSUV=多目的スポーツ車のEVを展開してきましたが、トラックは初めてとなります。

「セミ」を運転して登場したイーロン・マスクCEOは「構想から5年という長い道のりだったがこれは道路に革命を起こし世界をよりよい場所にすると思う」と述べました。

テスラによりますとこのEVトラックはおよそ37トンの荷物を積んだ試験走行を行い、1回の充電で500マイル、およそ800キロを走行できるとしていて、その様子を撮影した動画をツイッターに投稿しています。

EVトラックをめぐっては、三菱ふそうトラック・バスや日野自動車もすでに販売しており、脱炭素化に向けて今後、商用車の分野でもEV競争が激しくなりそうです。
2022年12月3日 0時23分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221203/k10013911691000.html

【【悲報】道路が耐え切れないwwwテスラ くそ重いEVトラック納車を発表】の続きを読む



1 はくちょう座X-1(東京都) [US] :2022/12/01(木) 22:10:10.64ID:4/yHWcSw0●

スバルは「新型クロストレック 日本仕様」の正式発表を2022年12月1日に行った。

(出典 i.imgur.com)

グレードは、17インチタイヤ採用の「Touring」、18インチタイヤ採用の「Limited」が用意される。
AWDモデルのほか、燃費性能に優れたFWDモデルも用意される。
パワートレインは、全車マイルドハイブリッドの2.0L e-BOXERを搭載し、WLTCモード燃費は 16.4~15.8km/Lを達成する。
車両本体価格は 266万2000円~328万9000円に設定され、既に受注受付がスタートしている。

また、月間販売台数としては 2,600台が計画され、2023年に入ってからの発売が予定されている。

■ベースとなる5ドアハッチバックモデル「インプレッサ」は、2022年11月にワールドプレミア
https://car-research.jp/xv/subaru-3.html

【[朗報]相変わらずのスバル【クロストレック】日本仕様正式発表】の続きを読む



1 夜のけいちゃん ★ :2022/12/02(金) 17:55:25.88ID:+5PWmFV99
12/2(金) 17:51配信
WEBヤングマシン

■ レギュラーカスタマイズモデルとして

タイでホンダのクラシック系125ccを取り扱うカブハウスは、1988年に日本で発売されたモンキーのカラーリングをベースとした「モンキー125 チェリーエディション2022」を発表した。限定モデルではない模様。

【写真ギャラリー】モンキー125 チェリーエディション2022のスタイリングとディテール
ワイン系の赤にクリーム色を組み合わせ、スペシャルロゴを採用

タイのカブハウスは、これまでもモンキーの特別カスタマイズ仕様をリリースしてきた。コラボレーション限定モデルでは、2019年のドラゴンボール仕様にはじまり、ガンダム仕様、ホットウィール仕様、最近ではワンピース仕様も。このほか、スペシャルカラー仕様では70’sライドエディションや“超モンキー参上!”エディションなど、遊びゴコロあふれるスペシャルカラーがラインナップを賑わしている。

今回発表されたモンキー125 チェリーエディション2022は、1988年に日本で発売されたモンキーの当時のカラーリングをベースとしたもの。じつは2020年にもカスタマイズモデルとして同系カラーが登場しているが、今回は“チェリー”のスペシャルロゴを配した2022年版だ。

車体はワイン系のボールドレッドをベースに、要所にクリーム色を配したグラフィックを。スペシャルロゴはさくらんぼ=チェリーを燃料タンクに、そしてサイドカバーには『Z125 Monkey』の文字とさくらんぼを組み合わせたロゴを採用している。

日本で買える可能性は限りなく低いだろうが、こんな遊び心のある企画はぜひ日本でもお願いしたい!

【参考】1988年2月20日に発売されたモンキー(Z50J)。当時価格は12万2000円だった。 主要諸元■全長1360 軸距895 シート高655(各mm) 車重58kg(乾)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 49cc 3.1ps 4段リターン 燃料タンク容量5L■タイヤサイズ前後=3.50-8 [写真タップで拡大]

※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/3e2446f9bba1b3fa5510c7b32516d275f7611d31

【1988年のホンダ「モンキー」をリスペクト! タイで「モンキー125 チェリーエディション」が登場】の続きを読む



1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/12/01(木) 12:28:46.122ID:n9bZgv3j0
親父のランドクルーザーが盗まれました。助けてください。

【【悲報】どうしたらいい?親父の車が盗まれた】の続きを読む

このページのトップヘ